Allan Holdsworth

c0081286_23271093.jpgc0081286_23265276.jpg
本日 Allan Holdsworth の東京公演を見る。終了後サイン会でアランに手を合わせてもらった。いやはや言葉を失った。なんと手の大きさは私と同じ!! 3cmくらい長いことを想像していたのでびっくり。
・・・・・
学生のころ(30年近く前)オリジナルプログレバンドやっていたときはアランのように弾きたくてギターを5度調弦にしていた。実際アランがどういう調弦にしているかは知らないがブルーノートから大きくはずれたギターらしくない音階(なんちゃってアラン位には聴こえるのだ)を弾き易いという安易な理由だ。私は手が小さいのでギターも上達しないんだと信じていたし、そして指の短いことをコンプレックスにさえ思っていたのだ。
・・・・・
本日の公演、最後の方は目がかすんでよく見えなかったが、そこには確かにギターの神様がいた。
また一層アランが好きになった。
[PR]

by hideo_azuma | 2008-01-12 23:00 | 音楽 | Comments(2)  

Commented by タッシェン at 2008-01-13 15:04 x
なんなんでしょうあのお方は!
神様より修羅って感じで実は手が何本もあるんじゃないか!!

かすんでってコトはもう涙が出ちゃいましたか!?
Commented by hideo_azuma at 2008-01-19 10:12
今回ドラムがチャドワッカーマンでなくてゲーリーハズバンドでした。サインしてもらうのに彼のピアノソロのアルバム買いましたが、これが荒いドラミングと違って繊細なピアノです。で、ほとんどがマクラフリンの曲なんですよ。

<< 寒稽古 (2) 鉄道博物館 >>

 

 

 

 

 

ブログトップ

 


 

東秀音(HIDE)のブログ
by hideo_azuma
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

カメラ
日々の出来事

画像一覧